得意なこと

税に関すること

個人事業主・
フリーランスの確定申告

  • Excel、手書き、クラウドなどその人に合わせたフォーマットで管理
  • 少しずつ経理の知識をつけていただくようサポート

くわしく読む

経理に慣れていない方が多い個人事業主さん。人によってやりやすい方法が違うので、まずは手書きかPC入力か、そして、出張が多い方ならクラウドサービスを使った管理をおすすめするなど、その人に合った方法で無理なく経理業務をしていただけるようフォーマットを整えます。また、税理士に丸投げするのではなく、ご自身でも経理の仕組みを少しずつ理解していただくような関わり方を心がけています。

閉じる

会社の決算、確定申告

  • なんでも早めに相談していただける信頼関係づくりから
  • お金の面だけでなく、会社や事業をより良くするお手伝い

くわしく読む

決算などの税理士業務に加えて、日々の経理業務の効率化をサポートさせていただきます。皆さんが気持ちよく働けるよう、無駄な作業はなくしていきましょう。経理業務以外にも「どうしたら売上が上がるのか」「サービスの満足度を上げてファンになってもらいたい」など、事業をより良くしていく方法を一緒に考える存在でありたいと思っています。

また、従業員の増減や設備購入、新店舗のオープンなど、前もってご相談いただくことでよりよい方法をご提案できたり、税額が変わったりすることも多いので、なんでも早めにご相談いただけるような関係づくりを大切にしています。

閉じる

相続税・贈与税の相談

  • 漠然とした不安を解消し、安心していただくためのシミュレーション
  • 節税対策だけでなく、ご家族の気持ちも大切にしたサポート

くわしく読む

テレビなどで増税のニュースが盛んに取り上げられ、不安を感じている方が多い相続税。右も左もわからない状態でご相談いただくことが多いので、まずは概算でシミュレーションした金額をご提示して不安を解消していただき、そこから具体的なご提案を考えていきます。相続税をおさえる裏ワザのような手法も世間では噂されているのですが、金額だけを見るのではなく、何が家族にとって大事にしなければならないことなのかを見失わないようなサポートを大切にしています。

閉じる

顧問先に合わせた説明資料の作成

  • その人、その会社に合わせたオーダーメイドの分析資料
  • 事業の状況に応じて、重視すべき数字を見えやすく

くわしく読む

当事務所では、会計ソフトで作成できる資料に加えて、一社一社の事業の状況やご要望に合わせた分析資料をお作りしています。会計ソフトの資料だけではわかりにくいところも多いので、図やグラフをまじえてわかりやすくすること、クライアント様が気にしている数字を見えやすくすることを心がけています。

閉じる

税以外のこと

事業計画・将来シミュレーションの作成

  • 適切な売上目標を“見える化”する
  • 長期的な視点に基づいた、効果の出る事業計画書を作成

くわしく読む

事業計画において最も大切なことの1つが、事業の状況やご家族の価値観などに合わせて適切な売上目標を決めること。利益率や今後必要な資金をしっかり分析して、売上目標に落とし込みます。そして、どうすれば売上が伸びるのか……例えば、客単価を上げる、広告で集客をはかる、成約率を上げるなど様々な方法が考えられる中で、その事業に最適な方法を一緒に考えたいと思っています。

また、今期の目標だけでなく3年後、5年後のあるべき会社の姿を実現するために、将来シミュレーションをもとに具体的な行動目標を定めるアクションプランの作成支援も行なっています。

閉じる

IT・クラウドを使った
業務効率化

  • 経理業務の効率化で、従業員の作業を最小限に
  • 一人ひとりに合わせた最新のサービスをご提案

くわしく読む

日々の作業の効率化は、積み重ねると大きな時間短縮・ストレス軽減になります。例えば、これまで複雑な品番を書類ごとに3回も4回も入力していたのが、Excelで自動化すると1回で済むようになることも。外出の多い方であれば、クラウドサービスを使ってどこにいても書類を編集できるようにすると便利です。無料で使えるサービスが多いので、皆様にご活用いただき、空いた時間を事業や会社をもっと良くするために使っていただけるよう積極的にご紹介しています。

閉じる

社会課題解決のための
ビジネス支援

  • NPOや社会起業家も、活動を持続するための利益確保を
  • 取引先や従業員、地域に配慮し、利益も上げる事業づくり

くわしく読む

税理士の田中慎は、税理士・中小企業診断士の業務に加え、京都市ソーシャルイノベーション研究所のコーディネーターとしても活動しています。事業を始めるには会社だけでなくNPO・フリーランスなど様々なかたちがありますが、私たちは、社会に価値ある事業を「長く続けること」を大切にほしいと考えています。

事業がボランティアになってしまうと、必ず活動を持続できなくなる時が来ます。そうなると支援先に迷惑をかける上に、従業員にも辛い思いをさせることに。意義のある活動だからこそ、きちんとビジネスとして成立させる方法を一緒に考えましょう。

閉じる