ブログ

交際費等の損金不算入制度の改正

平成25年度税制改正大綱において、交際費等の損金不算入制度の拡充について記載されています。

現行は、中小法人について定額控除限度額の600万円までは90%まで損金算入できます。たとえば、600万円交際費があれば540万円まで損金算入できます。

改正では、定額控除限度額を800万円まで引き上げ、全額損金算入できるように改正される予定です。交際費が800万円であれば、800万円全額損金算入できるようになるわけですね。

損金算入できる範囲が広がるので新聞等でも減税施策の一例に挙げられています。

90%の上限を撤廃するのはある程度の中小法人にとって、効果があるかもしれませんが、800万円への控除限度額の引き上げについては、パフォーマンス的であるように思います。

この時代に600万円を超える交際費を支出している中小法人がどれほどあるのか・・・という意見はよく耳にします。

ということは、多くの法人(交際費が600万円に満たない中小法人)では事実上交際費課税が停止されるような効果になりますね。

平成25年4月1日から平成26年3月31日までに開始する事業年度から適用される予定です。

実務上の取り扱いには注意してください!

関連記事

  1. 地方公共団体外部監査制度
  2. 印紙税の判定は税抜きか税込みか 印紙の貼り付けが必要になる5万円以上って税抜き?税込み?
  3. nissyoku 専門家向け研修のあり方
  4. 電子申告に関する要望事項
  5. a1180_000033 住宅借入金等特別控除の控除額と適用要件
  6. 法人を設立した場合の税務署の手続き:法人設立届出書
  7. 平成23年度における不服申立て及び訴訟の概要|報道発表資料(プレ…
  8. 【会社員のための医療費控除9】医療費控除と補てん金

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP